ダイレクト型自動車保険のデメリット

少しでも保険料を抑えるなら

自動車を運転する人は自賠責保険への加入が義務付けられていますが、自賠責保険があればそれで安心というわけではありません。自賠責保険だけでは十分にカバーできない事故が発生すると、自己負担額も大きくなってしまいます。安全運転を心掛けることはもちろん、もしもの場合に備えて任意保険にも加入しておくとより安心です。任意保険に加入するとなると、それだけ保険料の負担も増えることになります。少しでも保険料を抑えるなら、ダイレクト型自動車保険への加入も考えていきたいところです。ダイレクト型は通販型やネット型とも呼ばれて仲介をする代理店がないので、余計な手数料が発生しません。その手数料が必要ない分、保険料も安く抑えられるようになっています。

担当者と対面での相談ができない

ダイレクト型自動車保険は、保険料の安さはメリットですが加入する前にはデメリットも知っておきましょう。まず、代理店型の場合は、担当者と対面で相談することができます。それゆえ、最適なプランを選びやすくなりますし、事故が発生した場合でも対面で相談できることは安心感があります。これに対して、ダイレクト型は担当者と対面で相談することができません。それゆえ、プランも自分で選ぶ必要がありますし、事故発生時にも対面での相談ができないので不安を感じる可能性もあります。 保険料の安いダイレクト型自動車保険は事故対応の能力が低い可能性もあるので、選ぶ際も対応力が優れた保険会社を選びたいものです。最近は事故対応の良いダイレクト型自動車保険も増えていますが、店舗型のようにすぐに担当者が現場に駆けつけてくれるわけではないことは理解しておきましょう。