代理店型自動車保険のメリット

対面で商品説明を受けられる

購入時にセットで加入する人も多いと言われる自動車保険は代理店とダイレクト2つの選択肢が用意されています。加入希望者が直接お店に足を運んで手続きを行う代理店型を選択する大きなメリットの一つがサポートの充実です。会社によって若干の違いはありますが、大半の所が代理店で加入をする場合、専任の担当者が付く形を取っています。担当者が顧客の要望を聞いた上で適切な保険商品を提案をするのが主な仕事です。提案をする時は一つひとつの商品について分かりやすく説明も行います。インターネット上で加入を行うダイレクト型は専任の担当者が付かないため、自分で商品内容を調べて判断をしなくてはいけません。手間と時間を省いて自分に必要な商品だけを選べるのは代理店型の強みと言えます。

面倒な手続きを代行してくれる

自動車に限らず保険の加入には必要な書類の準備や記入、提出などやるべきことがたくさんあります。印鑑の押し忘れ、記入漏れなどがあると書類が受理されずやり直す羽目になるなど、頭でイメージしているよりも大変であるのは否めません。専任の担当者が付かないダイレクト型で加入をする場合、加入する商品の選択はもちろん、手続きも全て自分で行うことになります。一方代理店を利用した加入では専門の知識と経験を持った担当者が申請などの手続きを代行してくれるのでスムーズに契約できるのが強みです。書類の記入などで分からない所がある時もその場で教えてくれるので心配いりません。面倒な手続きを一任できるのは担当者が付く代理店の大きなメリットと言えます。