ダイレクト型自動車保険のメリット

何よりも保険料が割安!

ダイレクト型自動車保険のメリットといえば、なんと言っても保険料の割安さが挙げられます。 以前は自動車保険も生命保険などと同じように対面販売型が主流で、いわゆる「保険のお姉さん」や、自動車を購入したディーラーさんが窓口になるケースも多くありました。しかしインターネットの普及に伴い、2000年前後からはダイレクト型自動車保険が販売され始めます。ダイレクト型自動車保険は対面販売型とは異なり、契約手続きに保険契約者と保険会社以外には登場人物がいません(一部の代理店は除く)。これにより販売員を中心とする保険会社側の人件費が大幅に抑制され、それが保険料の割安さとなって契約者に還元されています。 また対面販売型では大手損害保険会社がシェアを占めていましたが、ダイレクト型では販売ルート(販売員)を確保する必要がないため、多くの保険会社が新規参入し、競争が活性化しました。これも保険料が割安になっている大きな理由です。

ニーズに合った補償を的確に組み合わせることが出来る!

ダイレクト型自動車保険では、補償内容についても非常に多くの選択肢が用意されています。例えば「相手側への補償の大小」「車両補償の有無/大小」「同乗者補償の有無/大小」などの基本的な要素はもちろん、「対象車両で出掛けた先で持参したモノが壊れた場合の補償」や「契約者の家族が自転車(自動車ではない)を運転していて事故を起こした場合の補償」など、各社特徴的な特約やオプションを多数用意して、他の保険会社との差別化を図っています。補償オプションを比較するだけでも、新しい発見が沢山あっておもしろいですよ! 今までは「なんとなく」大手の損害保険会社を選んでいた方も、一度ダイレクト型自動車保険を検討してみてはいかがでしょうか? 「こんな補償が欲しいのにな~」と思っていた補償が見つかるかもしれません。